2010年06月06日

食育活動

おはようございます!

6月6日は、音楽の杜 食育事業活動の一環で
田植え活動と お調理実習を行いました。

もちろん1歳児からの参加で 1歳児のお友達も お調理をしていただきます。

学校の日曜参観日と重なってしまい 参加できなかったお友達もたくさんいましたが みんなで 楽しく活動ができましたよ。

本日は ライスグラタンとスープとサラダです。


22Nijym@t 050.JPG
みんなパクパクいただきました。
22Nijym@t 054.JPG

この活動を機に 
1.保護者の皆さんのお手伝いを子どもたちが率先して頑張っていただきたいということ
2.感謝の気持ち。
 昔はよくいいましたが、お百姓さんが 一生懸命作ってくれたお米を残さないで。 この精神を子どもたちにも 実体験で 経験してほしいと思って1年のプログラムにしております。

お米がたくさん実って子どもたちと同じように成長してほしいです。
22Nijym@t 060.JPG

posted by otomori at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月01日

信条

IMG_0022.jpg

わが子どもたちは 大きく成長しております。

現代の子供たちは 大きくなったら何になりたい?
の質問に

「わかんない。」
 
と。

しかし わが子どもたちは 
「ピアノの先生!!」「大学のピアノの先生」「タイガー・ウッズのようなプロゴルファーか社長!!」
「先生みたいな人・・・。」
と 答えてくれます。

自画自賛で恐縮ではありますが、
子どもたちに夢を与えていけていると実感している日々です。

そうなんです。子どもたちに夢を与えそして夢に向かって希望を与えていくのが教育者なのです。
それには 一緒に涙する時もあり、うれし泣きもあり さまざまな過程がありますが、私の教育信条は
こうあることなのです。

子どもたちの成長過程において とても大切な時期に私どもの教室にかかわらせていただくことができる責任でもあると考えております。

子どもたちには 夢や希望を持ち続け 達成に少しでもお手伝いできるよう頑張りたいと勘がております。

私の信条です。
posted by otomori at 10:48| 日記

2009年10月23日

子供たちの精神面の成長を実感

弊社では、

子供たちの なにくそ根性
      やったらできる根性
をつけてほしい と日々 音楽指導を通じて伝えていっています。

目標に向かって頑張るということ!
先日の別のコンクール出場者の中で予選通過した生徒がいます。予選通過すう語彙ことなのに、予選の中でもトロフィーをいただけず悔し涙をしていた生徒がいます。

その悔しい気持ちを見たとき、私の十数年前の姿とかぶりました。そういう気持ちを子供たちに持ってもらいたいと考えております。音楽の努力は物体として現すことができませんが、子供たちの心を確実に芽生え成長していっていると実感しました。

posted by otomori at 09:21| Comment(58) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月22日

ほっこりできるような 指導者に

来年度から 新事業を、計画しております件で 私が中学時代にご指導いただきました数学の先生にご相談に行ってきました。

よく事務所(JR神戸駅)近辺でお会いし 私にとってとっても印象に残っている先生。


良し悪しことについてとても厳しい先生でしたが、すごく心温かい先生です。
人間味のある先生ってこの先生のことだと思うような先生。今もお変わりなく懐かしさにそしてお話しさせていただけることについてとてもいい時間をいただきました。


先生方にいろんな話を伺ってきましたが、あの(お父さんとのお風呂での)話が私の中でとってもとっても記憶にあり その時はなしてくださった先生と教室の雰囲気が今も思い出されます。
あの話は 思春期の私たちに 何か原点に戻って素直にさせられる話だったのがヨーク覚えています。



なぜ いまだに記憶に残っているのか。とふと考えると、

やはり先生の人柄やそして包み隠さずそれでいてなんか”きらり”とするものをもってらっしゃる先生だからだと思います。
それは、”温かさ”です。



そう思うと 私も指導させていただくものとして 子供たちに 記
憶に残る先生でいたいと思います。

子供たちに ”あの先生と会えてよかった”まではいかなくても ”ほっこりとした あったかさのある先生”でいたいものです。
posted by otomori at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年08月09日

夏の研修 in Hawaii

(株)音楽の杜では、講師の資質アップのため 夏と冬に研修をさせていただいております。

アメリカ ハワイの大学にて研修をみっちり1週間行ってまいりました。

中での写真は 教授が NG を出されてしまったので・・・。
外の映像を お届けしたいと思います。

いつもは研修は NY にて行っておりましたが、教授のご都合と視察研修が ハワイで入っていましたので。今年は ハワイで行うことにしました。


なかなか 授業も実践的なもので とても有意義な時間を送ることができました。

日々の解放感からか おなかがすくのなんの!!
2008NHAWAI 055.JPG
ロコモコですが、何度食したか。実は はまってしまい・・・。
posted by otomori at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年07月28日

成長していますか?!

大人になると”成長?!”って意識はするが、外見的には驚くほどの展開はない。

でも 子ども時代にいたっては・・・。

昨日 教え子2人にばったりと出会った。
私は 全然気づかず、「アロハ〜」というぐらいハワイ帰りの人のようなスタイル(肩出しのワンピースにビーズいっぱいのビーチサンダル)

先生!!って横から声掛けられて・・・。(なにーだーれ!って言うまなざしで・・・)
あっ そうだ 3年4組(中学)のあのことあの子だ!!
いっきにあの時代にタイムスリップ!!

あ〜 合唱コンクールの時に色々あったなぁー とっても覚えている学年だったし それに3−4はクラスが1つにまとまっていてとても素晴らしいクラス!!
1人は 野球部の子でもう一人はバスケ部

今は 髪なんか染めちゃって いまどきの大学生になっていた。


「うわぁー みんなかっこよくなっているねぇー」と。思わず言ってしまった私。

でも 瞳はあの当時のままの純粋な眼をしていた。


とっても嬉しかった。

これが 教えてき続けている醍醐味だ。
あったのも本屋さんだったので あまり話はできなかったけれど。
あの当時のまま。

バスケ部の子の名前がどうしても思い出せなく・・・。
もんもんと別れた後考えていたが、大東君!!

思い出した!!あの子は あの合唱コンクールの時に いろいろ 手伝ってくれた子だった。

なんだか 気持ち的にも救われた気がした。
そして 彼らも成長している 私は?!の疑問にも


「はい!少しは成長したかな」


自分に褒めることも大切!!今一度自分自身を振り返った1日を過ごした。



posted by otomori at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月13日

結果の上にプロセスがある

私自身尊敬している方の1人(沢山いますが)

桑田真澄さん


’83〜ずっと 見てきました。
1年生で甲子園のマウンドをエースとして踏み KKコンビ として話題にもなりましたよね。


以前にも記載させていただきましたが、彼の不屈の精神と努力・あきらめない生き方にとても敬意を評しております。


もっとも私自身影響されたのは、
パイレーツに入りそこでの足のけが。


ギブスをはめたままでのピッチング風景が新聞に掲載されていましたよね。
あの姿を見たとき ちょうど 私自身 落ち込んでいた時でした。
怪我してでも何かができる!!

人間って、考えようによったら
当たり前ですが、自分がいまおかれた環境で どう過ごしていくのかということがとても大切だということをあの掲載された1枚のスナップで教えてもらった気がします。


そして そのものに取り組んでいく情熱こそがとても大切なんだということを。

目の前のことがパーフェクト。


彼の言葉で一番好きな言葉があります。



結果の上にプロセスがある

私は常にこの言葉を念頭に物事を考えています。

プロセスがいくら充実していても結果が出せないと そのプロセスは間違っていることと一緒です。

歌唱指導でも (株)音楽の杜 の指導目的は 

心を育てること

歌がうまくなるということは 私たちにとっては、当たり前の話なのです。

心を育てていかないと いい音楽は生まれません。
心を育てていくと おのずと 歌唱ができるのです。


私たち音楽の杜の指導者たちは、このことを念頭に指導していきます。だから 子どもたちは コミュニケーションができるようになっていく→心が育っているのです。


音楽って結果が目に見えないものですが、子供たちを見ていくとわかります。

心が育つ(プロセス)    演奏・歌唱・創作物(結果)

みんなで 子どもたちの心を育てております。それが私たちの使命なのです。




posted by otomori at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月09日

改めて 〜大切なもの〜

家族Family

個人的なことになってしまいますが、改めて実感しています。

本日も 神戸市子育てセミナーの講師として講演させていただきましたが、親子のコミュニケーション!!って本当に大切です。

ある方からこんな質問がありました。


父親が単身赴任でいなくて、仕事が忙しく・・・大丈夫ですかねぇ。



大丈夫です。なんといっても親子なんですから。

最初は 少しぎこちないかも しれませんが、すんなりと お父さんってなりますよ。
親子のコミュニケーション
特に 父親と子供のコミュニケーションが大切ですよね。

子どもと母親                 父親

というスタイルが日本ではよくとられていますが、
できるだけ 

母親父親‐子供という関係が一番大切ではないでしょうか。

というのは 
両親が仲良くしていると(単身赴任でいなくて、仕事が忙しく・・であったって) 子ども自身が、一番安息していられる空間になるからです。

そして この関係は、子供に過干渉にならず、独歩 でいられるということです。

地に足をついて 幼児期は幼児期の子供の”独歩”スタイルがあります。それに目を向けてあげることがとても大切なんではないでしょうか。



posted by otomori at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月07日

心の栄養  って 本当に大切です。

.jpg
心がうきうきしていると 花を生けたくなるのは私だけでしょうか。


今日はとっても うれしいことがありました。

大切な 大切な そして 
言葉では表せられないくらい うれしい日になりました。

なんだか そんなときって

心に なにか パワーが 入ってきて(心の栄養)

急にお花屋さんなんかに行ってしまった・・・私。

日頃は 講演会やコンサートなどで 花束をいただくことは多く 飾るということはしますが、自分自身のために ”花を買う”ということは初めてです。

こんなに 心の栄養 によって 日ごろは 走ってばかりで まったく素通りだった花屋さんにまで
足を止めて ”素敵”(ここまでの気持はよくなりますが) → 花を飾ろう(ここまでいきません)

これは 営業の売り方でもおなじかも・・・と。

心の余裕がある人  →  購入
心の余裕がない人  →  思いはあるが 実際には…ちょっと。

この 花1輪でしたが、 いろいろと自分自身買い手側に回るといろんな見方ができました。


とにかく 心の栄養  って 本当に大切です。
posted by otomori at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月01日

親子地域の方 一体となった 音楽の杜プログラム

今日6月1日は「音楽の杜 親子体験実施学習会」の日です。

弊社 日ごろの感謝と交流会をこめて
Otomori Family 交流の場です。

みんなで たまねぎ じゃがいも そして 遊びの中からの 微生物の勉強(実施にそして楽しい 山口先生です)
2008otomori 食育農育昨日とはうって変わって絶好の天気になりました。

保護者の皆様も みなさんも(しらないことばかりー!!)

2008otomori 食育農育14PGじゃがいも いっぱいとれたかなぁー。
2008otomori 食育農育18
玉ねぎ 大きいのが取れました。

いよいよ ピザとおにぎりつくり!!
保護者の皆様・山口先生ご夫婦・スタッフの方 桂 と
 そして
メインの子供たち
と みんなひとつになって 一生懸命 がんばりました。

お父さん・お母さんの活躍がとても素晴らしかったです。
ここまで 成功できたのも 保護者の方々のおかげです。

ありがとうございました。

2008otomori 食育農育15.JPG

2008otomori 食育農育17.JPG

2008otomori 食育農育24.JPG
みんな とってもがんばりました。
そして Otomori Family の皆様 温かいご理解と ご協力心より感謝いたします。
ありがとうございました。

PS:日射病には気をつけましょう!!(By 日射病にてへばってしまった桂でした。)



posted by otomori at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月27日

自身を褒めていこうと思う

 昨日まで 2月から土曜日日曜日とほんとに休みがなく ありがたいことに お仕事をさせていただいております。昨日 やっと年度の終わりで一息つきました。

 以前 下記の本にこんなことが記載してありました。
gaNeza.jpg

「これからはな、毎日寝る前に、自分がその日がんばれたことを思い出して『ようやったわ』ってホメや。そうやってな、頑張ったり成長することが『楽しい』ことなんや、て自分に教えたるんや」<〜夢をかなえるゾウ〜より>

今まで 振り返ると全力走で毎日を過ごし、「自分を褒める」ということなどなく 心の余裕もなかったような・・・。

 少しの心持ちで いろんなことが きらきらと 輝く毎日!
になりますよ。
 
  

 


 
posted by otomori at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月01日

子供の可能性を 音を通して

 学芸会の劇あそびについてお話したいと思います。

ある園にて 今年から音楽監督もさせていただいておりますが
先生 もっと子供たちの能力のすごさを引き出してあげられるものを提供していかなければと感じさせられます。

ストーリーなどは 園で考えていただきますが、
どこの園も最初おんなじです。

よんでいても イメージがわきにくく ありふれたもの。
昭和の時代から同じような 慣わし的なものばかり。


音楽会も同じように感じます。



いいものは残していかなければなりませんが、変化も大切です。

もっと子供たちが 進んでできる ものにしていかなければなりません。


今度 その園で私も今年から監修ならびにコーディネートも手がけておりますが、昨日少し実演したところ
とてもすばらしいものが出来上がりました。

子供たちと一緒に作り上げるということを忘れてはいませんか。

それが一番大切。押し付けではなく自発的にする気持ちを育んでこそ 発表会なのです。

園にての指導は 私自身とても楽しみです。
一緒に作り上げる喜びがあるから。

当日が 待ち遠しいくらいです。
posted by otomori at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月21日

雑草のごとく強くそして貪欲に

雑草のごとく強くそして貪欲になって!

私にもいえますが、教育機関にて保育士さんや幼稚園の先生方を対象に研修をさせていただいておりますが

もっと 貪欲になって!!

といいたいです。

私自身 「あぁ〜大学時代にもっと勉強しておけば・・。」「もう一度大学にいって勉強していきたい」と今になって思います。

人間って 今の現状に満足してしまう傾向がありますよね。


でも一つだけ言えることは

未来を担う子供たちを預かっている教育者は 絶対これではだめだということ。

もっと貪欲になって!!

実践を行っていくと絶対質問が出てくるはず。

ある市の教育委員会にて研修を毎年させていただいておりますが
すごい質問!!
こうしてこうして こんな反応!!

とまで随所に。

ここまで 皆さんなっていただきたい。

先生方は 未来をつかさどる子供たちの大切な幼少期を託されているのだから!!








posted by otomori at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月20日

コミニケーションって大切ですよ。

 今日は ある保育園にて保育士さんが子供たちを指導している様子を拝見しに伺いました。

20分間でしたが いろいろなことがわかりました。

失敗というか あまり いい内容のものではありませんでした

一番の難点は:子供とのコミュニケーション不足



これを指摘した結果・・・。やはり 的中でした。

アナログな私はやはり コミュニケーションを大切にしていきたいと考えております。


授業で子供たちにも音を通して考えていってもらっていますが、
保育士さんにもそのことを考えていただきたいと思います。

子供との接し方、そして こどもと一緒になって喜ぶということを。
posted by otomori at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月14日

伝える力の大切さ

私自身の経験からですが、

いじめられた経験はありますか?

それともいじめた経験は?

私自身 いじめられた経験が 痛烈に 心に留めています。

今から客観的に考えると 

「やめて」とか「悲しい」など 単語でもいいから 一言でもいいから言えばいいのに

何もいわず じっと 耐え忍んでいました。

これって 自分の気持ちを 相手に伝えないから

いじめっ子は 無反応は ”私”に

「これでもかっ」て かかってくるのだと いまさらながら
感じています。

だから 自分の気持ちを 相手に伝えることは
自分自身を 守る ということにもなります。

教員のときも いじめられている子供を 何度も見てきました。

解決の中で やはり 「じっと 耐えている」

ことが いじめを助長する一因だと 統計的に見てもそうです。

だから 私は子供たちに 自分の気持ちを 表現する力 伝える力をつけてほしいと感じています。

安部首相にいたっても 同じことかもしれないな
と感じました。

自分の気持ちを 伝えきれなかった。だから まいってしまったんだ。


子供のときの経験が 今を支え 考えさせ この 事業にいたってるのもひとつです。
伝えることってたいせつなんだよ。
posted by otomori at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月24日

研修

今日は 某市の保育士さん研修を行ってきました。

54名の先生方が 集まっていただき 研修を担当させていただきました。
座学をまったくしない研修。活動のみです。

先生方に 
リトミックだけではなく

音楽の面白さ・音を通した表現の仕方を味わっていただくか

にポイントを当てて行いました。

先生方と一緒に創りあげた研修。
とても私自身 楽しかったです。

来ていただいた先生方も
そのような気持ちになっていただいていることを
願います。

この場をかりまして
ありがとうございました。

そして 最後は 私の大好きな歌
【手のひらを太陽に】
を合唱でしめさせていただきました。

2時間半 楽しかったでした。
支援部の方々・そして お集まりいただきました保育士さん
ありがとうございました。
posted by otomori at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年06月28日

発信!

ある 保護者の方から 言われたことがあります。
毎回 子供と一緒に先生にお会いするとパワーをもらっています 
と いうお声をいただきました。 
自分では思いもよらないうれしい発見でしたので とても驚いたと同時に 私ってそんな影響力もあるんだと 感じさせられました。 
自分では何気なく自然体でしていることが 外からは良くも悪くも影響をしているんだということを 感じさせられます 

弊社共々 良い発信をし続けていきたいと思っています。
音楽の杜
posted by otomori at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月16日

「セルフ スティーム」 =「自分の自信」

「チップスが少ない時」

「セルフ スティーム」 =「自分の自信」が少ない子どもは

まるで、ポーカーゲームのチップが少ないゲームプレイヤーと

同じです。

親からほめれれる、友達から人気がある、得意なスポーツがある、

テストで良い点を取る、絵が上手とかの特技がある、とか

プラスの出来事はその子どものチップスの数を増やしているのと

同じで自分の自信が付いてきます。


その反対に、自分の自信が無い子どもは

「セルフ スティーム」が低いと言い

親から怒られる、けなされる、友人から嫌われる、

得意なスポーツが無い、テストで悪い点、自慢ができる特技が無い

とかでマイナスの出来事はその子どもの持っているチップスの数を

減らしているので、そのチップスを握り締めて生きています。



ポーカーゲームを遊ぼう!と誰かがゲームに来ても

「どうせ、チップスが少ないから、プレーしても負ける」

という引きこもりの気持ちや

「どうせ、負けてチップスが無くなっても

始めから負けているので、どうなってもいいや」

投げやりな気持ちで非行へ、自殺へ走ります。


授業中に先生が質問します。

「日本の今の首相は?」

「安倍晋三!」とチップスの少ない子どもは

心でいいます。

それでも手を上げれないのは、

「間違って、先生に大きな声で違う!と言われたら

チップスを無くする事だからです。

その反対にチップスの多い、自信のある子どもは

ドウドウと手を上げます。

間違って答えたとしても、何万個のチップスから

5個無くすだけだから、大したことはないのです。



自信の少ない子ども、

周りの理解が無ければ、数個のチップスでこのチップスが

無くなるのではないかと毎日

不安と恐怖で生きているのと同じです。

だから、昨日売店で1000円出して買った

消しゴムのおつりが足りないとして、

親に怒られて、今日は売店のおばさんに

交渉に行くのにも、意地悪なおばさんの

受け答えに、負けて結局はチップスを無くしてしまう結果に

なる訳です。

posted by otomori at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年03月24日

第三回 音楽の杜 コンサート

第三回 音楽の杜 チャリティーコンサート無事本日むかえることができました。雨の中でしたが多くの皆様にご来場いただきありがとうございます 。
DSCF3132.JPG
子供たちもどうどうと自信をもって演奏・表現できていたことがとてもうれしかったです。DSCF3160.JPG DSCF3174.JPG
これも保護者の皆様が弊社にご理解とそしてなにやりも 一緒に手を取り合ってさせていただけたおかげだと感謝いたしております。子供たちが一つ一つの演奏に対し一生懸命取り組んだ努力の賜物だと思っております。この力は大きいです。また 一緒にがんばりましょうDSCF3134.JPG
posted by otomori at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年01月23日

本日お教室レッスン IN 西神

本日はかなりのお友達が風邪でお休みでした 私自身も先週マスク持参でレッスンした有様で( ̄^ ̄)みなさん気を付けましょうね       さて 今日は 豆まき の歌で鬼退治を含め活動したよ 大鬼 小鬼 中鬼 みんなの活動で 顔の表情までしていて (*^_^*)子供っておもしろいですね 表情の引き出しをいっぱいもっていて こちらの指導でいろんなものをだしてくれる
音符の種類であそぼう では みんなよく理解できて階段を一つ一つあがっていっていることを実感いたします この調子で頑張りましょう
〓音楽の杜 桂    〓
posted by otomori at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記